ホーム » 本気で保険を考えるその2
コラム

本気で保険を考えるその2

ウサギ寝姿

※このページは2019/5に作成をしました。随時各社において保険の内容や料金などに変更があるため、契約をされる場合は必ずご自身で契約内容をご確認ください。ウサギのハートは保険の代理店ではありません。保険が下りるかの判断などは各保険会社の判断によります。当サイトではこのページの内容と保険内容に違いがあったとしても責任は負いかねますのでご了承ください。 特定の保険会社を薦めるものでもありませんし、保険加入を薦めるものでもありません。あくまでも「もし私が加入するなら」という前提の元、検討しただけの記事です。

まずは加入できるか。

過去の病気や現在かかっている病気によっても保険に入れるか否かや、免責事項となってしまい、保険加入後にその病気は保険適用外とされてしまうかは、保険会社の判断にゆだねられます。まずは、加入前に保険会社に確認を取りましょう。現在や過去の病気を偽って保険に加入すると告知義務違反となるため、正直に保険会社に伝えましょう。

また、加入できる年齢も決まりがあり、日本アニマルクラブに関しては終身保険ではありませんので注意が必要です。ただし、11歳を超える子は非常に少なく、考え方次第ですが、11歳を超えてまで獣医師が大きな手術を勧めることはまずないため、終身保険である必要があるかも考えなければなりません。

 アニコム日本アニマルペットライフ
加入可能年齢~3歳11か月まで~満11歳未満~4歳11か月まで
継続可能年齢終身~満11歳未満終身

私ならこう選びます。

いつどうなるかわからないための保険だから、「通院」「入院」「手術」どれも保証してくれるのがよいのでは?

上記に理由により日本アニマルクラブのブループランⅡとホライトプランⅡは、手術が対象でなかったり、通院が対象でないため、私であれば選びません。

 ブループランⅡホワイトプランⅡ
入院保険金日額5000円まで
年間20日まで
日額10000円まで
年間30日まで
通院保険金日額3000円まで
年間20日まで
保障されません
手術保険金保障されません1回150000円まで
年2回

とりあえず定額プランを比較してみる。

日本アニマルクラブの2プランとペットライフジャパンの2プランを比較してみます。

 グリーンプランⅡオレンジプランⅡスペシャルプランスタンダードプラン
保険料(月額)

4230円3670円3300円1900円
入院保険金
日額10000円まで
年間60日
日額8000円まで
年間30日
日額7500円まで
年間25日
日額5000円まで
年間25日
通院保険金日額5000円まで
年間60日
日額4000円まで
年間30日
日額3000円まで
年間25日
日額2000円まで
年間25日
手術保険一回90000円まで
年2回
一回60000円まで
年2回
一回45000円まで
年2回
一回30000円まで
年2回
診断書費用保険年間10000円まで年間10000円までなしなし

定額プランだけ比較すると日本アニマルクラブのオレンジプランとペットライフジャパンのスペシャルプランの保障内容が近いですが、私がこの中で選ぶなら、オレンジプラン>グリーンプラン>スペシャルプラン>スタンダードプランの順に選びます。
理由としては、スペシャルプランを例として挙げますが、もし病院へかかることとなった場合、一日当たりの通院費が3000円以下で手術が45000円以下ということは私の経験上かなり少ないと思うからです。また、病気の多くは通院での治療になることが多いと感じる為、通院保険金を重視して考えたほうが良いと考えるからです。

日本アニマルクラブの注目すべき点は、診断書費用保険金がついていることです。実はアニコム以外の窓口清算のできない保険の場合は、動物病院で診断書を書いてもらう際に費用が発生する場合があります。(感覚的には数千円程度)その分まで保証してもらえるのは非常にありがたく、それだけでオレンジプランとスペシャルプランの保険料の差が埋まってしまうほどかもしれません。

グリーンプランとオレンジプランは年払いにすると6160円の差です。通院を毎年7回以上かつ一回5000円以上の費用が掛かるかと考えると、それくらい毎年通っている子はそこまで多くはありません。もちろん入院や手術のことを考えるならグリーンプランもよいと思います。これは考え方次第ですね。

定率プランを比較してみる。

アニコムが最も支払限度額の上限が高く手厚い。しかし、月額の保険料はどんどん高くなっていく。

アニコムのふぁみりぃ70%プランとふぁみりい50%プラン、ペットライフジャパンのプレミアム70とサポート55の4種類があります。私がこれらの保険を選ぶなら、保険料を気にしないならふぁりみりぃ70%、保険料などいろいろ加味してバランスを考えるとサポート55かなと思います。
印象としては保障内容「ふぁみりい70%>プレミアム70」、保険料の高さとしては「ふぁみりぃ70%>>プレミアム70」です。
ふぁみりぃ50%とサポート55を比較すると、保証内容は「ふぁみりぃ50%≧サポート55」、保険料の高さは「ふぁみりぃ50%>>>サポート55」です。
また、アニコムは使用回数ごとに翌年の月額費用が-10%~+50%までの変動があります。

月額費用ふぁみりぃ70%プレミアム70ふぁみりぃ50%サポート55
1歳3340
2550
2500
1500
3歳4050
2850
3010
1700
5歳45803200
33601900
7歳55303600
4040
2100
10歳6990420051302400
保障内容ふぁみりぃ70%プレミアム70
ふぁみりぃ50%サポート55%
通院入院一日あたり最高14000円一日あたり最高10000円一日あたり最高10000円一日あたり最高10000円
手術一日あたり最高140000円一日あたり最高100000円一日あたり最高100000円一日あたり最高100000円

結論:私ならこうする。

・何かあったときのことが最優先。保険料を全く気にしないなら「アニコム損保のふぁみりぃ70%」
・金額と保障のバランスの良さでいうなら、「ペットライフジャパンのサポート55」
・上記の間なら、「ペットライフジャパンのプレミアム70」
・比較的診察費の安い地域や病院の場合、「日本アニマルクラブのオレンジプランⅡ」
・保険に入らず頑張って貯金する

以上ですっ!

ぜひ各保険会社のホームページでご確認ください。

アニコム損保株式会社 https://www.anicom-sompo.co.jp/
日本アニマル倶楽部株式会社 https://www.animalclub.co.jp/
ペットライフジャパン http://www.pethoken.com/

Tags

About the author

ウサギのハート

このサイトの管理人。ウサギが好きで獣医師になる。勉強のために学生時代からウサギのハートを作り始め、様々なウサギの診察で有名な病院へ実習見学をしたり、専門店へインタビューをしたりするちょっと変わった人。十人兎色な考えをこのサイトに記し、ちょっとでもウサギの地位が向上することを願っている。