ホーム » コエンザイムQ10
Doラビットフード

コエンザイムQ10

「Do」ラビットフードの特徴その4

強力な抗酸化物質!
ウサギでは虚血性疾患でのエビデンスがあります。

人ではコエンザイムQ10は以前医薬品として、うっ血性心不全に対して処方されていたことがありましたが、エビデンスガ乏しいため使用されなくなり、サプリメントになった経緯があります。神経保護作用、抗アポトーシス(細胞死を防ぐ)作用 、ビタミンEの消費を節約する効果 もあるなど様々な有益な効果が言われたりしています。

ウサギでは、実験的に虚血させ、酸化ストレス与えた際にコエンザイムQ10を投与した場合、膀胱や心筋への保護効果を示したり、カドミウム(体に有害な金属)から精巣の障害を和らげる効果やアドリアマイシン(抗がん剤)の副作用である心臓への障害を防ぐなどの論文もあります。(ただし、経口、静脈投与などさまざまではありますが…。)

安全性が高い

α-リポ酸と併用すると、より効果的なようですが、残念ながらα-リポ酸のウサギでの安全性に関するデータが乏しいため、安全性の高いコエンザイムQ10のみの配合になりました。

※猫ではα-リポ酸中毒なんてものがあります。

α-リポ酸は、酵母、トマト、ブロッコリーなどに含まれていますが、食事からの摂取は極めて微量です。そのため、論文に記載されるような高用量を決して食事からとることは出来ませんが、トマトやブロッコリーを食事のルーティーンに入れると良いかもしれません。Doラビットフードには栄養組成を整えるためα-リポ酸が含まれる酵母も少量入っているため、少しでも足しになればと考えています。

DoラビットフードにコエンザイムQ10は、論文記載量に近い量が配合されているため、強力な抗酸化作用が期待できます。モリンガやソイプロテインに含まれる抗酸化物質とは異なる経路で効果を発揮するため、相乗効果が期待できます。

Li, H. T., Schuler, C., Leggett, R. E., & Levin, R. M. (2011). Differential effects of coenzyme Q10 and α-lipoic acid on two models of in vitro oxidative damage to the rabbit urinary bladder. International Urology and Nephrology, 43, 91–97.

Juan, Y. S., Hydery, T., Mannikarottu, A., Kogan, B., Schuler, C., Leggett, R. E., Lin, W. Y., Huang, C. H., & Levin, R. M. (2008). Coenzyme Q10 protect against ischemia/reperfusion induced biochemical and functional changes in rabbit urinary bladder. Molecular and Cellular Biochemistry, 311, 73–80.

Yung-Shun Juan,Shu Mien Chuang,Anita Mannikarottu, Chun-Hsung Huang,Suning Li, Catherine Schuler, and R. M. L. (2013). Coenzyme Q10 Diminishes Ischemia–Reperfusion Induced Apoptosis and Nerve Injury in Rabbit Urinary Bladder. Neurourol Urodyn., 32(April), 215–223.

HYDERY, T., SCHULER, C., LEGGETT, R. E., & LEVIN, R. M. (2009). Treatment of Obstructive Bladder Dysfunction in Rabbits with Coenzyme Q10 and Alpha Lipoic Acid. LUTS: Lower Urinary Tract Symptoms, 1, 98–102.

Verma, D. D., Hartner, W. C., Thakkar, V., Levchenko, T. S., & Torchilin, V. P. (2007). Protective effect of coenzyme Q10-loaded liposomes on the myocardium in rabbits with an acute experimental myocardial infarction. Pharmaceutical Research, 24(11), 2131–2137.

Radu, F., Leggett, R. E., Schuler, C., & Levin, R. M. (2011). The effect of antioxidants on the response of the rabbit urinary bladder to in vitro ischemia/reperfusion. Molecular and Cellular Biochemistry, 355, 65–73.

Hasan, G., Rahman, A.-, Abdel-Hady, E.-S. K., & Abdel-Rahman, G. H. (2011). Protective Effect of Coenzyme Q10 on Cadmium-Induced Testicular Damage in Male Rabbits. Journal of Toxicological Sciences, 3(3), 153–160.

Lin, W. Y., Rehfuss, A., Schuler, C., & Levin, R. M. (2008). Effect of Co-enzyme Q10 and Alpha-Lipoic Acid on Response of Rabbit Urinary Bladder to Repetitive Stimulation and In Vitro Ischemia. Urology, 72(1), 214–219.

Singh, R. B., Shinde, S. N., Chopra, R. K., Niaz, M. A., Thakur, A. S., & Onouchi, Z. (2000). Effect of coenzyme Q10 on experimental atherosclerosis and chemical composition and quality of atheroma in rabbits. Atherosclerosis, 148, 275–282.

TADAO USUI, HIROTO ISHIKURA, YOICHIRO IZUMI, HIROSHI KONISHI, NAOCHIKA DOHMAE, HIROYOSHI SAWADA, HARUTO UCHINO, HIROKO MATSUDA, and TOMOTSUGU KONISHI. (1982). POSSIBLE PREVENTION FROM THE PROGRESSION OF CARDIOTOXICITY IN ADRIAMYCIN-TREATED RABBITS BY COENZYME Qm. Journal of Chemical Information and Modeling, 12, 75–82.

About the author

ウサギのハート

このサイトの管理人。ウサギが好きで獣医師になる。勉強のために学生時代からウサギのハートを作り始め、様々なウサギの診察で有名な病院へ実習見学をしたり、専門店へインタビューをしたりするちょっと変わった人。十人兎色な考えをこのサイトに記し、ちょっとでもウサギの地位が向上することを願っている。