ホーム » 温度、湿度の目安。暑い寒いのサインとは?
からだ 飼い方

温度、湿度の目安。暑い寒いのサインとは?

気温

最適温度は18-23℃と言われています。

適応可能温度は4-28℃と言われ、それを超えると体温調節がうまくいかず最悪亡くなる可能性があります。 先生によっては日格差10℃以内に収めるとよいとおっしゃる方もいらっしゃいます。
夏は、エアコンやアルミ製のスノコ、御影石、大理石などをうまく活用し、
冬は、暖房やウサギ用のヒーターなどを利用しましょう。
湿度は40%-60%程度を目安に調節をお願いします。

年中室温を一定に保たなくてよい。

頑張って一年中室内を一定に保とうとされる方がいますが、基本的にしなくてもよい生き物です。ウサギは季節を感じ、年に2回換毛を行う生き物です。適応可能な範囲であれば、夏毛、冬毛と変化させてある程度対応します。また、気温を一定に保ちすぎると、ウサギの体がいつ換毛すればよいか変わらなくなり、年に4回換毛が来たり、年中換毛したりするようなことが起こります。

暑い寒いのサインは体全体を見る

暑がっている時は、前足と後足を伸ばし、体全体で呼吸をします。また、大量に水を飲んだりすることもあります。 寒い時は、なるべく温かいところに留まり、体を丸まらせて必要以上に動こうとしません。

他には、ウサギは耳で体温調整をしているので、耳を触って温かいか冷たいかである程度判断することもできます。日々感覚的に耳の温度を確かめることで、体調管理に役立てることもできます。

About the author

ウサギのハート

このサイトの管理人。ウサギが好きで獣医師になる。勉強のために学生時代からウサギのハートを作り始め、様々なウサギの診察で有名な病院へ実習見学をしたり、専門店へインタビューをしたりするちょっと変わった人。十人兎色な考えをこのサイトに記し、ちょっとでもウサギの地位が向上することを願っている。