ホーム » ウサギのルーツは?
からだ

ウサギのルーツは?

分類

ペットとして現在飼育されているウサギは動物界脊索動物門哺乳綱ウサギ目(重歯目)ウサギ科アナウサギ属に分類され、ヨーロッパアナウサギの直系にあたります。
かつては、齧歯目の亜目と考えられていましたが、現在では解剖学的特徴、血清学的データを元にすると、偶蹄類(有蹄類)に近いことが示唆されています。

もっとも古いウサギの化石は、モンゴルと中国の断層から発見されており、約5000万年前のものです。紀元前1100年のイベリア半島にアナウサギがいた記録があるそうです。そして、紀元前750年以降 ローマ人が多くの家畜と共にウサギを食用として導入し、ケージでも飼育していたことから家畜化がはじまったと考えられています。

About the author

ウサギのハート

このサイトの管理人。ウサギが好きで獣医師になる。勉強のために学生時代からウサギのハートを作り始め、様々なウサギの診察で有名な病院へ実習見学をしたり、専門店へインタビューをしたりするちょっと変わった人。十人兎色な考えをこのサイトに記し、ちょっとでもウサギの地位が向上することを願っている。