facebook

mixi

twitter

トップ>ゴニョゴニョ>ペリアクチン(食欲増進剤)の功と罪

ウサギだけでなく、他分野に渡る独り言です。

2015/2/09

writer:ウサギのハート代表

お久しぶりです。ウサギのハート代表です。
今回は、多くの病院でウサちゃんが食欲不振に陥った際に処方されるペリアクチン(薬剤名:シプロヘプタジン)についてお話します。

 

―ペリアクチン(シプロヘプタジン)ってどんな薬? ―
人でも使用される薬で、アレルギー症状(くしゃみ、じんま疹、かゆみ など)等を抑える作用も持ちます。
副作用として眠気や食欲増進などが挙げられます。(細かい作用機序やらは省略します。)

 

ウサギの治療に関しては副作用である「食欲増進」を利用しています。
しかし、この食欲増進作用には利点と欠点があることを知っていただきたいです。

 

食欲増進の利点
・ 早期に食欲を改善させることができることにより、栄養状態の改善を図ることができる。
・食欲が増すと元気そうに見える。

 

 

食欲増進の欠点
・本来の食欲ではないため、本当に食欲があるのかどうかが不明(つまり、食欲で全身状態の把握ができにくくなる)
・言い方によっては「薬によって食べさせられている」という言い方もできる
・消化器機能改善の際に処方されるプリンペラン(薬剤名:メトクロプラミド)と作用がぶつかり、効果が減弱する可能性がある。

 

 

こんなことが考えられます。

 

私自身、ペリアクチン(シプロヘプタジン)を処方することは滅多にありません。なぜなら、私にとってこの薬は欠点のほうが大きいと感じるからです。
食欲がないから食欲を出させようというのは、考え方としては間違ってはいないです。しかし、「食欲がないのには何かしら原因がある」はずなのです。

ただ漫然と食欲増進剤の使用をすると、

 

・食欲の落ちた原因がわからず、 薬をやめると食欲が落ちる。そしてまた処方する。(無限ループ)

・ちょっとの食欲低下があったとしても薬でカバーされて、発見が遅くなる。

 

私はこれが好きではないのです。その代わり薬を使用しないと、食欲がないので、強制給餌のサポートはより必要になりますし、治りが遅いように感じるかもしれません。
要は治ってしまえば、飼い主さんには使おうが使わまいがどっちでもいいことなんですが、獣医師はこんなことも考えて診察、治療もしていますというお話でした。笑

 

※ペリアクチンを使用する獣医師を批判するつもりは一切ありません。あくまでも個人の見解であることをご理解ください。

 

2015/1/13

writer:めり

新しく入りましためりと申します。

よろしくお願いします。

実家でライオンラビットとネザーランドドワーフのハーフのららを飼っています。

 

今回は、2014年の終わりの話をしたいと思います。

2014年は良くも悪くも「健康であること」の大切さを思い知った年でした。

2014年の大晦日、世間は今か今かと2015年を待っているときに、僕は風邪でダウンしてしまいました。

結局夜寝たのは19時で、起きたのは新年の朝6時で、寝たまま年を越してしまいました。

健康であればテレビを見て美味しい料理を食べてワイワイしながら

カウントダウンできたのになと思うと健康の有難さが身に沁みました。

 

それともう一つ、2014年12月中旬、いきなり家族から、ららが斜頸になったとの報告を受けました。

今はららがいる実家から離れて一人暮らしをしているため、知らせを聞いてすぐに実家に帰り、様子を見に行きました。

家に帰ると首を横に傾げて満足に動けなくなっているららの姿が。

首をかしげている様子は大変かわいらしいのですが、満足に動けなくなっている姿を見て非常に心が痛みました。

今も抗生物質と駆虫薬を服用して闘病中です。いずれ経過も報告したいと思っています。

ここでももう一度言いますが、やはり健康は大事だなと、

そして健康な生活を送らせてやれなかったことに対して申し訳ないと思いました。

 

斜頸という症状自体は聞いたことはありましたが、自分の兎がそうなるとは夢にも思いませんでした。

仮にも動物を学ぶものであるにもかかわらず、お恥ずかしい限りです。

ですが、もしかしたら僕と同じように自分の飼い兎が病気になるとは思いもしない方がいるかもしれません。

そんな人がこの記事を見て病気になるかもしれない兎を救ってくれたら嬉しいなと思っています(笑)

こんな事わかってる、知ってるよってことばかりかもしれませんが、実際に僕が慌てたこと、事前に考えておけばよかったことを挙げていきます。

・かかりつけ以外の病院でも信頼できる病院を見つけておく。

・夏用、冬用のうさぎの運搬方法を考えておく

・飼い兎の体重を定期的に把握する

ぐらいでしょうか。こんな役に立たない情報をつらつらと書いていきましたが、本当に役に立たないことを祈っています。

 

 

2014/8/29

writer:ウサギのハート代表

今日はウサギの歯科処置の仕方についてお話します。

 

ウサギの不正咬合と言えば、ウサギの三大疾患の一つと言われるくらい多い病気の一つです。(その他二つはうっ滞、子宮疾患)

 

※不正咬合とは・・・一生伸び続けるウサギの歯が変な方向に曲がり、舌や頬を傷つけたり して、食欲不振に陥ったりする疾患。読んで字のごとく「不正(正しくない)」「咬合(かみあわせ)」のこと。

 

現時点では、不正咬合の治療は「曲がってきた歯を削る、または切る」という治療が主流であり、人間のように矯正をすることは難しいとされています。
ただし、軽度な門歯(前歯)のみの不正咬合ならば切り方、削り方により、正常な位置に戻る可能性はゼロではありません。

 

ここからが本題です。
ただ歯を「切る」「削る」と言っても、実は病院によって処置の仕方には大きな差があります。今日は、その違いを説明したいと思います。

 

歯を処置するのに使われる機材は
・ニッパー、ロンジュール等:歯をバチンと切断するもの
・マイクロエンジン:人間の歯医者でも使われており、モーターにより高速回転する機材。先端を変更することによって、削る、切るが行える
・ヤスリ:金属製で臼歯(奥歯)削りに使用

等があります。今日は使用される機材の長所短所を簡単に説明したいと思います。
(私個人の意見です。様々な意見があるため参考程度にしてください。)

 

【ニッパー、ロンジュール等】
<長所>
・安価
・奥歯(臼歯)の処置に慣れている獣医師ならば感覚的(盲目的)に一番後ろの奥歯を処置できる可能性がある(通常視野を確保しにくいため、麻酔をかけることが多い)
・口腔内に機材を入れている時間が短時間 ※臼歯(奥歯)の場合

<短所>
・破折(歯が縦に割れたり、変な方向に折れたり)の可能性がある
・あくまでもバチン切っているだけなので、必ずしも綺麗な切断面になるとは限らない
・歯根への負担が大きいため、さらに歯が曲がって生えてくる可能性がある
・「バチン」という衝撃は、痛みとともにウサギに恐怖感を植え付け、治療に協力的でなくなる可能性がある

 

【マイクロエンジン】
<長所>
・歯根の負担がニッパーに比べ少ない
・切断面を綺麗に整えることができる
・破折のリスクが少ない

<短所>
・処置の費用がほかに比べ高い可能性がある(たいして変わらないと思いますが、念のため)
・口の中を傷つけるリスクが高い可能性がある
・ニッパーよりも処置時間が長くなる可能性がある

 

【ヤスリ】※臼歯のみ
<長所>
・安価
・先端が丸ければ重大な怪我を負わせるリスクが低い
・歯根への負荷がニッパーに比べ少ない

<短所>
人力(手動)のため
・時間がかかる
・歯の大きな曲がりに対応できない

 

 

このようなことが、挙げられます。

どの機材にも一長一短があるとは思いますが、
門歯(前歯)の処置は、口腔内の損傷のリスクが低く、綺麗に切れ、歯根への負荷が少ないとされるため現在マイクロエンジンが一番良いとされています。ですから、私は門歯に関してはマイクロエンジンを使用し歯の処置を行う動物病院をおすすめします。

 

ただし、臼歯の処置については、マイクロエンジンでの処置は口腔内の損傷のリスクが高くなるため、一概にニッパーが良くないとは言い切れないのが今でも一般的な意見です。

 

しかし、その子が一生使い続けていく歯ですから、「食べられる、食べられない」という次元ではなく、「食べやすいように調節してあげる。歯根の負担をなるべく減らし、綺麗な歯をなるべく残してあげる」というレベルで話をしてあげたほうが、ウサギにとっては優しいのではないのかと私は考えます。そのため私は必要であれば麻酔をかけてでも、マイクロエンジンを使用し、綺麗に歯を削ってあげることが、一番いいのではないかと考えます。(もちろん麻酔のリスクを考慮しなければなりませんので、その子の年齢病歴等も考えなければなりませんし、費用も格段に跳ね上がります)

 

 

これは完全な個人的な意見にすぎませんが、
【門歯の処置】
マイクロエンジン一択

【臼歯の処置】
軽度な歯のとがり等であれば、麻酔をかけずにヤスリ、マイクロエンジンで処置し、
全体の歯の高さを整えたり、大きく曲がった歯を処置する場合は、麻酔をかけてマイクロエンジンで処置するのが最もウサギにとって良いのではないかと考えています。

 

 

 

飼い主さんからは同じ処置のように見えるかもしれませんが、方法が異なることによって、費用、リスク、そして結果は大きく違いが出てきます。「こんなことを話されても裏のことだからわかんないよ!」と言われるかもしれませんが、ウサギは犬猫よりも病院によっても治療方針が異なるので、飼い主さんが賢くなっていかなければならない一面があると思います。ちょっと深い話でしたが参考になれれば幸いです。

 

以上ウサギのハート代表でした。

こんにちは!ウサギのハートのこばやんです。

 

突然ですが、みなさんはペットショップに行くことはあるでしょうか?
最近は、以前よりもずっとペットの需要が増えてきて、商店街からホームセンターまで、さまざまな所に展開していますよね。
私はショッピングセンター内に入っているペットショップによく立ち寄りますが、眺めているとあっという間に1時間ほど経っていることがあります。笑

 

ところで、ペットショップで取り扱っている動物が変化していることにお気づきでしょうか?
以前はペットショップといえば犬・猫がメインで、たまに小鳥や金魚を取り扱っている店舗があるという程度でした。犬猫以外の小動物を総称してエキゾチックアニマルと呼びますが、ここ何年かでエキゾチックアニマルを扱うお店が増えています。

 

ペットショップでは様々なエキゾチックアニマルが扱われていますが、最近では特にうさぎの需要が高まっているように思われます。
お店で扱われているうさぎの品種は、ネザーランドドワーフ、ホーランドロップイヤー、ミニうさぎ(MIX)が圧倒的に多く、ライオンヘッド、ミニレッキス、ジャージーウーリーなどを扱っているお店を見かけることもあります。

ARBA(American Rabbit Breeders Association)で正式に定められているうさぎの品種は現在48品種ですが、その中でも日本で一般的に見ることのできる品種は限られています。

しかし今ではうさぎ専門店も各地に展開しているため、より珍しい品種の子と出会う機会もこれからはありそうですね。

 

みなさんがショップからうさぎを迎える場合は、品種の特性を調べるのはもちろんですが、いろんな性格の子がいるので事前によく観察して、自分と相性がよさそうな子を選ぶとよいでしょう。

2014/6/06

writer:サラ

こんにちは!サラです。

花粉症がつらい季節ですね。私はティッシュとマスクが毎日手放せず毎日とてもつらいです。。

ところで話は変わりますが、この間うさぎの雑誌から興味深い記事を見つけました。それは、「うさぎの厄年をのりきる」という内容のもの。うさぎの節目の年は七五三と言われているようです。この年だけ気を付けていれば安心!というものではありません。ですが、節目を意識することで今までを振り返ったり長く一緒にいられるために何ができるかじっくり考えたりする機会が増やせたらいいなと思いました。

 

セミナーでお世話になった成毛先生のお話も掲載されています。機会があればぜひ本屋さんに足を運んでみてください。

 
楽しくうさぎと暮らすための お役立ちガイド: 2014~2015年版

トップへ戻る