facebook

mixi

twitter

トップ>ゴニョゴニョ>あまり動物病院へ行かない飼い主様へ

ウサギだけでなく、他分野に渡る独り言です。

2015/10/23

writer:ウサギのハート代表

お久しぶりです。ウサギのハート代表です。

 

みなさんはどれくらいの頻度で動物病院へ行きますか?
週1ですか?月1ですか?それとも何か異常がないと動物病院へは行かないですか?

 

犬猫とは異なり、ワクチンや予防関係がほとんどないウサちゃんは動物病院へ行く機会は少なくなってきてしまいます。
しかし、はっきり言って病院へ足を運ばないのは「損」をしています。

 

飼育環境を今一度プロの目から見てもらい、大きな間違いがないかを調べてもらえば、病気を防ぐことができるからです。
というのは、ウサギが病気に罹るほとんどの原因が飼育の仕方の間違いからくるものだからです。

 

「え?こんなにペレット少なくていいの!?」
「パパイヤや乳酸菌は毛玉予防にならないの!?」
「小麦粉が多いおやつは与えてはいけないの!?」
「硬いもの与えていれば歯は大丈夫でしょ?」
等、飼育のことについて意外と理解されていない方が多いのは事実です。
騙されたと思って病院へ行ってください。特に処置が必要なければ初診料や診察料だけで終わることもあります。

私たち獣医師は、何かしら病気があると、それを優先してお話をするので、基本的な飼育のお話ができなくなってしまうことも多々あります。
(※現時点で一番大事な話(病気の話)を記憶に残すようにするために、あえてそれ以外の話をしないという話術を使うことがあります。
いろんなことを言ってもたいていの人は目先のこと(病気のこと)を覚えるのが必死で、たいして覚えてないことがほとんどですから・・・。)

 

 

基本的に動物病院の診療費は高いと感じることが多いでしょう。しかし、定期的な健康診断や爪切りで来院しアドバイスを受けましょう。

飼育の仕方を是正し、異常を早期発見することができれば、総合的に見れば診療費は安く済むことが多いです。もちろんウサちゃんも健康でいられて一石二鳥です。

動物病院は人間の病院とは異なり、「病気でなくても行く場所」です。
「何かおかしいから動物病院行く」ではなく「病気にならないようにするために病院行く」
そんな感覚で気軽に病院へ足を運んでくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

トップへ戻る