facebook

mixi

twitter

トップ>ゴニョゴニョ>ペリアクチン(食欲増進剤)の功と罪

ウサギだけでなく、他分野に渡る独り言です。

2015/2/09

writer:ウサギのハート代表

お久しぶりです。ウサギのハート代表です。
今回は、多くの病院でウサちゃんが食欲不振に陥った際に処方されるペリアクチン(薬剤名:シプロヘプタジン)についてお話します。

 

―ペリアクチン(シプロヘプタジン)ってどんな薬? ―
人でも使用される薬で、アレルギー症状(くしゃみ、じんま疹、かゆみ など)等を抑える作用も持ちます。
副作用として眠気や食欲増進などが挙げられます。(細かい作用機序やらは省略します。)

 

ウサギの治療に関しては副作用である「食欲増進」を利用しています。
しかし、この食欲増進作用には利点と欠点があることを知っていただきたいです。

 

食欲増進の利点
・ 早期に食欲を改善させることができることにより、栄養状態の改善を図ることができる。
・食欲が増すと元気そうに見える。

 

 

食欲増進の欠点
・本来の食欲ではないため、本当に食欲があるのかどうかが不明(つまり、食欲で全身状態の把握ができにくくなる)
・言い方によっては「薬によって食べさせられている」という言い方もできる
・消化器機能改善の際に処方されるプリンペラン(薬剤名:メトクロプラミド)と作用がぶつかり、効果が減弱する可能性がある。

 

 

こんなことが考えられます。

 

私自身、ペリアクチン(シプロヘプタジン)を処方することは滅多にありません。なぜなら、私にとってこの薬は欠点のほうが大きいと感じるからです。
食欲がないから食欲を出させようというのは、考え方としては間違ってはいないです。しかし、「食欲がないのには何かしら原因がある」はずなのです。

ただ漫然と食欲増進剤の使用をすると、

 

・食欲の落ちた原因がわからず、 薬をやめると食欲が落ちる。そしてまた処方する。(無限ループ)

・ちょっとの食欲低下があったとしても薬でカバーされて、発見が遅くなる。

 

私はこれが好きではないのです。その代わり薬を使用しないと、食欲がないので、強制給餌のサポートはより必要になりますし、治りが遅いように感じるかもしれません。
要は治ってしまえば、飼い主さんには使おうが使わまいがどっちでもいいことなんですが、獣医師はこんなことも考えて診察、治療もしていますというお話でした。笑

 

※ペリアクチンを使用する獣医師を批判するつもりは一切ありません。あくまでも個人の見解であることをご理解ください。

 

トップへ戻る