facebook

mixi

twitter

トップ>ゴニョゴニョ>はがきの表面のうさぎ

ウサギだけでなく、他分野に渡る独り言です。

2014/12/30

writer:こばやん

お久しぶりです。ウサギのハート、こばやんです。

2014年も残り少なく、新たな年に近づいております。

2015年は羊年です。みなさん年賀状の準備はもうお済みでしょうか。

 

はがきといえば、今年の4月に発売された2円普通切手がウサギの柄になったことは覚えておりますでしょうか?発売当初は私の周りのウサギ好きたちと大いに盛り上がった記憶があります。
エゾユキウサギ

 

こちらの2円切手のモデルとなったウサギさんは「エゾユキウサギ」という種類で、ウサギ目ウサギ科ノウサギ属ユキウサギの亜種とされています。ですので、みなさんのお家にいるアナウサギ属のうさちゃんたちとは全く別の種類だということがわかります。

 

名前の通り、北海道に生息しています。冬はこの切手のように真っ白の毛に覆われていますが、夏は夏毛に生え変わり、ノウサギのイメージ通り褐色姿になるとのことです。私はもちろん見たことはないのですが、いつか冬毛のユキウサギを見たい…とひそかに願っています。

 

個人的には以前発売されていた秋田犬の2円切手(2002年に発売中止)を使用する機会はほぼありませんでしたが、現在は以前入手した50円の官製はがきに2円分の切手を貼るなんてこともよくあると思います。二枚貼るのは面倒ですが、このかわいいユキウサギが並んでる姿に心がなごみ、その一手間も許せてしまいますね。

 

冬真っ只中ですが、うさぎさんともども体調をくずされませんようにお過ごしください。

蛇足ですが、1月9日からピーターラビットのグリーティング切手も発売されるとのことです。要チェックですね!

トップへ戻る