facebook

mixi

twitter

ウサギの骨は折れやすい?

ウサギの骨格

ウサギの骨格は体重の7~8%と軽いです。(猫12~13%)
しかし、骨格筋は体重50%以上あり、筋肉が非常に発達しているため、自らのキック力で骨折をしてしまうことがあります。(特に第7腰椎、脊椎障害)
脛骨には構造的な問題もあります。

ウサギの椎骨は、頸椎(C):7~8,胸椎(T):12~13,腰椎(L):6~7,仙椎(S):1~4,尾椎(C):15~18 と個体によってかなりのバラつきあります。
肩甲骨の棘下窩は三角形、肩峰の鉤上突起は大きく突出しています。
他の動物では、腸骨、坐骨、恥骨からなる寛骨臼(大腿骨が接続する部分)は、ウサギの場合、腸骨、坐骨、とその他の小さな骨から出来ています。

トップへ戻る