facebook

mixi

twitter

トップ > うさぎ > オスメス

どちらのほうが飼い易い?

これは非常に難しいお話です。
一般的に元気で活発なのは男の子、 おしとやかなのは女の子です。
しかし、ウサギは性ホルモンによって大きく性格に影響が出る個体と、 そこまで影響が出ない個体とがあり、オスメス共に性ホルモンの影響が大きいとかなり性格がきつく非常に飼いにくくなります。
オスは縄張り意識が強く、尿スプレー、顎をこすりつけてにおいをつけることがあります。
メスは偽妊娠をすることがあります。

※大人になるにつれて性格が変化した場合は、その子の本質的なものではなく、性ホルモンの影響が濃厚です。そういった場合は避妊去勢を考えるのも手です。詳細は繁殖の項目へ

見た目の違い(雌雄鑑別)

オス

精巣は、生後約3ヵ月で下降してきます。(半年を過ぎても下降してこない場合には、動物病院へ受診してください。)
睾丸が降りて来ていなくても、陰嚢の位置の毛が薄く、皮膚のシワを見られることがあるので、オスであると確認できることもあります。
生後二か月半前後で陰茎を包皮から出せるようになるので、出た陰茎の先(尿道口)が筒状であることを見ます。
それも確認が難しい場合は、尿道口と肛門の距離で判定します。(オスのほうが遠い)

オスの陰部

メス

外陰部周囲の皮膚を押し、外陰部がスリット状であることを確認します。
尿道口と肛門がオスよりも近いです。
避妊していない成熟した固体は肉垂(マフマフやマフラーとも呼ばれる)がよく発達しています。

メスの陰部
トップへ戻る