facebook

mixi

twitter

寂しくても死にません

迷信です。むしろ一頭で飼ったほうが個体間によるストレスを受けないので、長生きする可能性があります。
「一頭ではこの子がかわいそうだから・・・」なんていうのは、間違いです。
オスは広いテリトリーが必要で、これは自分の遺伝子を残すための繁殖の本能が関係しています。また、避妊していないメスは常に発情状態なので、妊娠、出産、子育てが安心してできる狭いテリトリーを必要としています。
例え仲良く過ごしているように見えても、ウサギ同士が目に入るだけでストレスを感じていることもあるので、新しい子を向かい入れることには慎重にならなければなりません。
私としては一頭で飼うことをオススメしますが、多頭飼いをしている方、しようとしている方はこれらの本能は性ホルモンの影響が強いので、避妊去勢を考えるのも手です。

性別による相性

オスとオス

この組み合わせがウサギ同士では一番よくありません。お互い去勢すれば、攻撃性は共に落ちますが、それでも一緒に遊ばせたりするのは難しいかもしれません。(オス同士視界に入っているだけでもストレスになっている可能性があります。)

オスとメス

相性が合えば、仲よく過ごすことができます。しかし、いとも簡単に子供ができてしまいますから、現実的に一緒に遊ばせるためには、避妊去勢が必要です。
オスは去勢を行わないとメスを追い掛け回し、メスにストレスがかかるため、一緒に過ごすためにはまずは去勢を。(例え一緒に遊ばさなくても、オスはメスのニオイやメスが視界に入っているだけでもストレスになります。)
メスはオスの近くにいるとホルモンバランスが崩れることがあるので、子宮疾患を防ぐためにも避妊もお勧めします。

メスとメス

生まれたときから一緒にいれば、仲よく過ごすことができる可能性があります。しかし、攻撃的なメスであったり、相性が合わなかったりすると一緒にするのは困難です。

他の動物との相性

ウサギと犬

ダックスフントなど、もともと猟犬に使われていた犬などとの相性はよくありません。飼い主の前では仲良くしているように見えても絶対に目を離さないでください。

ウサギと猫

元来、猫は小動物を追い掛け回すの好きです。犬同様飼い主の前では仲良くしているように見えても絶対に目を離さないでください。

ウサギとフェレット

野生のフェレット(イタチ)のエサはウサギです。ニオイや視界に入るだけで、相当なストレスになっていることが考えられます。

ウサギと鳥

小鳥とは比較的仲良く過ごすことが可能です。大型の鳥とは難しいでしょう。

ウサギとモルモット

昔同じケージに飼育することが流行ったようですが、お互いコミュニケーションがとれないため一緒のケージで飼育するのはいい迷惑です。
またウサギのもっている気管支敗血菌が感受性の高いモルモットに対して致死的な経過をたどることがあります。
モルモットのためにも一緒のケージで飼育したり遊ばせないほうが無難ですが、可能か不可能かでいうと一緒に過ごすことは可能です。

ウサギとチンチラ

チンチラ(げっ歯目)は集団行動をする動物です。また、他の動物にあまり興味を示さないため、比較的仲良くできる動物だと思われます。

ウサギとハムスター

ウサギがハムスターをいじめることがなければ、一時的に一緒にすることは可能ですが、ハムスターと一緒にするような状況は少ないのでは・・・。

トップへ戻る