facebook

mixi

twitter

アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)

肝臓と骨格に多い(心筋、骨格筋、腎臓、膵臓でも発生)

増加

  • ・肝細胞壊死
  • ・肝コクシジウム症
  • ・骨格筋の損傷
  • ・心虚血
  • ・身体の拘束
  • ・溶血(アーチファクト、ビリルビンとともに増加)

アルカリホスファターゼ(AP)

肝特異的ではない(骨芽細胞、腎細管、腸上皮、胎盤にも存在)

  • ・肝臓による直接的な増加よりも胆汁うっ滞による胆汁酸の増加に対する反応
  • 胆汁うっ滞
    • ・肝リピドーシス
    • ・肝吸虫
    • ・肝コクシジウム症
    • ・肝膿瘍、腫瘍
    • ・肝外膿瘍、腫瘍
  • ・成長期および骨病変
  • ・溶血(アーチファクト)

減少

  • ・下痢
  • ・妊娠

乳酸脱水素酵素(LDH)

  • ・肝特異的ではない
  • ・その他多くの組織にも存在(骨格筋、心筋)
  • ・拘束、溶血のあと上昇
  • ・肝疾患の確定にはこれだけでは有効ではない。

総ビリルビン(TBIL)

肝細胞障害および胆管機能の両方を示す。主に後者を反映。

増加

  • ・胆管閉鎖
    • ・肝コクシジウム症
    • ・肝腫瘍
    • ・アフラトキシン中毒
  • ・ウサギウイルス性出血病(VHD)(ALTとASTも上昇)
  • ・溶血
  • ・大腸出血

トリグリセリド(TG)

上昇

  • ・糖尿病
  • ・慢性腎不全
  • ・肥満
  • ・肝リピドーシス

尿素窒素(BUN)

食餌の変化と他の要素のために大きく変動する。

増加

  • ・脱水
  • ・コクシジウム症
  • ・腎不全(腎結石など)

クレアチニン(CRE)

筋肉中に存在するが、異化がゆるやかなため筋肉活動の変化や筋のダメージに影響されない。
ただし、ビリルビン、セファロスポリン類などの様々な物質に干渉を受ける。
・腎疾患

リパーゼ(LP)

増加

  • ・膵臓の障害
  • ・副腎皮質に影響するストレス
  • ・糖質コルチコイド投与
  • ・腎クリアランスの低下

アルブミン(ALB)

増加

  • ・脱水
  • ・循環血液量減少

減少

  • ・タンパク漏出性腎症(糸球体腎症)
  • ・タンパク漏出性腸症
  • ・肝疾患
  • ・飢餓
  • ・歯牙疾患
  • ・食欲不振
  • ・食糞減少
  • ・妊娠
  • ・老齢
  • ・水分過剰
  • ・吸収不良
  • ・心原性腹水貯留
  • ・過度のタンパク分解または喪失
    • ・敗血症
    • ・重度の外傷
    • ・悪液質
    • ・流出による損傷:熱傷、ハエ刺傷

グルコース(GLU)

高血糖により上昇するが、ストレスにより大きく変動する。

高血糖

  • ・ストレス
  • ・痙攣
  • ・ショック
  • ・ハロタン麻酔
  • ・モルヒネあるいはケタミン投与
  • ・高体温
  • ・失血
  • ・粘液性腸症初期
  • ・糖尿病
  • ・腸炎
  • ・糖含有の非経口液体投与
  • ・腎不全
  • ・薬物療法(糖質コルチコイドなど)
  • ・肝リピドーシス
  • ・腸管内異物、腸うっ滞の末期

低血糖

  • ・食欲不振末期
  • ・炭水化物の消化および吸収障害
  • ・慢性衰弱
  • ・肝疾患(肝リピドーシス)
  • ・敗血症
  • ・粘液性腸症

ナトリウム(NA)

高ナトリウム血症

  • ・ナトリウムの低い液体である水分の損失
    • 下痢
    • 腹膜炎
    • 熱傷、ハエ刺傷
  • ・飲水不足
  • ・食事中の過剰塩
  • ・長引く消耗

低ナトリウム血症

  • ・慢性腎不全
  • ・多尿性の急性腎不全
  • ・重度の肝疾患
  • ・うっ血性心不全末期
  • ・利尿薬
  • ・高タンパク血症、高脂血症(アーチファクト)
トップへ戻る