facebook

mixi

twitter

必ず牧草を食べさせて

ウサギの消化管は「繊維」で動いています。

繊維は・・・
・食欲増進
・腸の運動を促進
・歯牙疾患の予防
・肥満防止
になります。いいことだらけ!!必ず与えてあげたいですね。

食べ放題が基本

食べ放題にしてあげてください。常にケージの中にあるような状態にし、1日1回取り替えましょう。
牧草の中でも「茎」が好きな子もいますし、「葉」が好きな子もいます。
一見まだあるから大丈夫だと思ってしまいがちですが、いったん全部取り替えてあげると食いつきが良くなります。


種類

・チモシー「最も有名なイネ科の牧草」
・アルファルファ「二番目に有名なマメ科の牧草」
・イタリアンライグラス「イネ科」
・オーツヘイ「えん麦とも言われるイネ科の牧草」
・オーチャードグラス「イネ科の牧草」
・スーダングラス 「イネ科の牧草」
・バミューダグラス 「イネ科の牧草」

などがあります。

人によって仰ることが違うと思いますが
私の持論としては
【種類だけを気にすることはない】
【食べないよりは食べるほうがまし!】
ということです。

大切なのは成分(特に繊維質が最も重要)です。その牧草が作られた場所(天候、土壌など)によって種類が同じでも成分は異なってくるはずです。
ですが、実際のところ、詳しく成分の書いてある牧草は非常に少ないですから、種類で選ぶ事になってしまいます。
一般的なのはチモシー。
チモシーを食べなかったら他の牧草を試す程度の考えでよいと思います。
ただしアルファルファは高カロリー、高カルシウムですから、成長期を過ぎたウサちゃんには与えないほうが無難です。

刈り

・1番刈り「一番最初に刈り取ったもの。栄養価が最も高い。固め」
・2番刈り「1番刈りの次に刈り取ったもの。1番刈りよりやわらかい。」
・3番刈り「2番刈りの次に刈り取ったもの。2番刈りよりやわらかいのか?」

数字が大きくなるにつれて、繊維質が少なくなりカロリーが高くなる傾向にあるようです。

おすすめは、1番刈りから試してみて、あまり好きそうでなかったり、高齢になってきて食いつきが悪くなったりしたのであれば、2番刈りや3番刈りを試すのも手です。ただ、3番刈りくらいになってくるのであれば、他の種類の牧草のほうが栄養価が高くていいのかもしれません。
また、1番刈りで穂しか食べないようなことがあれば、2番刈りを試してみてはどうでしょうか?(穂は繊維質が低いので、それしか食べないのであれば)

プレス

・シングルプレス「圧縮がダブルよりも弱いため、茎や葉の形が残っている。」
・ダブルプレス「圧縮がシングルよりも強い。茎や葉の崩れていることが多くクズが出やすい。」

牧草の扱いやすさで言えば、シングルプレス。茎や葉がつぶれて比較的やわらかくなっているのはダブルプレス。成分に変わりはないので、ウサちゃんが食べてくれるならシングルプレスのほうが歯を使ってくれますし、掃除が楽です。

おいしさを保つ

一度に大量に買うと安く済むことがありますが、空気に触れていると牧草は湿気を吸い、香りも劣ってきます。保存する容器の口をしっかり閉め、乾燥剤などを活用しておいしい状態を保ちましょう。小分けにして保存しておくのも良いと思います。
湿気った牧草は、数日間天日干しをしたり、電子レンジでチンしたりすると水分が飛び、パリッとします。(電子レンジを使用した場合は、熱くなりますので冷ましてからウサギに与えてください。)

与え方に工夫を

そのままケージの中に入れるのももちろんアリですが、通常網の下のトレーに落ちて牧草が無駄になってしまいます。牧草を置く場所に板を敷いて落ちないようにするか、牧草入れ(牧草フィーダー)を使いましょう。
与えている牧草によって長さや硬さが異なってくるので、それに合う牧草入れの穴(網目)の大きさを色々試してみるしかないようです。穴は大きすぎると牧草は落ちていってしまうし、小さすぎるとウサちゃんが牧草を取り出しにくくなります。

牧草を食べない

「ペレットを多くあげすぎていませんか?」

様々な意見がありますが、成長期には体重の2.5~5%、それ以外の年齢1.5~3%程度が目安となっております。(厳格に守る必要性はありません。あくまでもその子にあわせた量を与えてください。)ペレットの量を減らすのであれば、一気に減らすのではなく、徐々に減らしていきましょう。

「美味しいものを与えていませんか?」

ウサギが食べられる物の中で牧草はそんなに美味しいものではありません。果物やウサギ用のおやつ、ペレットのほうが嗜好性が高いとされています。美味しいものを知ってしまったウサギに牧草をあげるのはなかなか難しいかもしれません。

「今まで牧草をあげていなかった(ある程度年をとった個体)」

ウサギは保守的な動物で幼いころに食べた物以外なかなか口にしません。
これは、野生において毒草をさける役割をしていると考えられています。(毒草を区別できるわけではありません。) 色々工夫して根気強く与えてあげるしか方法は・・・。

「不正咬合がある」

これは不可逆的なもので、一度不正咬合に陥ってしまうと、定期的に歯を切らなければなりませんし、噛み合わせは悪い状態のままです。切っても歯は曲がったままであるため 牧草を食べるのは非常に困難です。(重症だと牧草を食べるのは不可能かもしれません)。いろいろ試して全く興味を示さないようでしたら、諦めても仕方ないかもしれません。 (その前に動物病院で指導を受けてください。)
牧草を食べない=即病気につながるというわけではないので、ペレットタイプの牧草を与えたり、繊維の多いペレットなどで可能な限り代用することも手です。

トップへ戻る