facebook

mixi

twitter

トップ > はじめてウサギを飼う人へ

10のエッセンス

ウサギに対する先入観をなくす

ウサギってどんなイメージですか?
「学校で飼って・・・」とまず最初に思った人は、多くの場合損をしています。
まずは、その思い込みをなくすこと。
これが、ウサギと仲良くなるための第一ステップです。

ウサギは懐きます

当然です。名前を呼べば走ってきますし、撫でられるのが好きな子もたくさんいます。

ウサギはにおわない

「ウサギってにおいどうなの?」と聞かれることが多々あります。
ちゃんと掃除をしていれば、全くと言って匂いません。
尿は少しニオイますが、ウサギの体自体は無臭に近いです。

ウサギは寂しくても死にません

寂しいと死んじゃうというのは、真っ赤なウソです。そういった意味では、一人暮らしの方でも心配ありません。
特にオスのウサギは、縄張りを主張するため多頭飼育は要検討です。1頭で飼育するほうがむしろストレスがなく長生きをする可能性があります。
詳しくは相性の項目へ

ウサギは表情たっぷり

表情がないと思うのは、ウサギとの時間が少ないからです。
もし、ペットショップ等でウサギをちょっと見てそう思ったのなら、飼い始めてその言葉を言うことはなくなるはずです。

ウサギはたっぷり水を飲みます

水は絶対に必要です。野菜の水分だけで飼育することはほぼ不可能です。
詳しくは水の項目へ

ウサギの主食は牧草です

ペレットや野菜と勘違いしている方もいますが、それでは繊維質が足りません。
また、歯が削られることが少なく不正咬合などの疾患になりやすくなります。ウサギの主食は牧草です。
詳しくは牧草の項目へ

ウサギはトイレを覚えます

すんなり覚えてくれる子もいれば、根気が必要な子もいます。ウサギの特性を理解してあげることが必要です。
詳しくはトイレの項目へ

ウサギにはウサギの触れ合い方がある

野生では被食者のため、追っかけ回されたり、抱っこされたりするのは基本的に苦手です。犬猫と一緒にしないでください。
ウサギから近づいてくるのを気長に待ちましょう。

本当のウサギの魅力は「飼って」初めてわかるもの

言葉では表現しにくい魅力をもった動物です。なぜなら、あなた身近にいる他の動物(犬や猫等)とは全く異なる魅力を持っているからです。
きっとあなたの想像を超えるウサライフが待っています。

トップへ戻る