facebook

mixi

twitter

トップ > 病気

大切なことは病気にしないこと

健康が一番。正常を知ってこそ異常がわかるものですから、普段から状態を良く見ておく必要があります。
このページでは、予防に重点を置き、主なウサギの病気を紹介します。(すべてではありません。)
可能であれば病気になる前に、そしてなってしまった時、役に立てれば幸いです。
治療に関しては、かかりつけの動物病院の指示に従ってください。

部位別
  • パスツレラ症
  • スナッフル(鼻炎)
  • 肺炎
  • 気管支炎
  • 気道内異物(刺激物)
  • 白内障
  • 緑内障
  • 角膜炎
  • 角膜閉鎖症候群(結膜過形成)
  • 結膜炎
  • 流涙症
  • 涙嚢炎
  • 牛眼
  • 皮膚糸状菌症
  • トレポネーマ症(ウサギ梅毒)
  • 湿性皮膚炎
  • ツメダニ症
  • ズツキダニ症
  • 疥癬症
  • ニキビダニ
  • ハエウジ
  • 膿皮症
  • 皮膚無力症
  • 不正咬合
  • 顎膿瘍
  • 胃うっ滞(胃毛球症)
  • 腸管うっ滞(盲腸便秘、粘液性腸症)
  • コクシジウム症
  • 蟯虫
  • 腸性毒素血症
  • 大腸菌症
  • ティザー病
  • サルモネラ症
  • ウイルス性腸炎
  • 潰瘍性足皮膚炎(足底皮膚炎、飛節びらん、ソア・ホック)
  • 開帳肢
  • 骨折
  • 偽妊娠
  • 乳腺疾患
  • 子宮疾患
  • 血尿
  • 尿石症
  • 尿毒症
  • 腎疾患
  • 陰嚢疾患
トップへ戻る